GOTもGPTも基準値まで下がった!

私は、15年ほど前、肝機能数値のGOTが51、GPTが88となって以来、基準値をずっとオーバーし続けてきました。酒もタバコもやりませんが、甘いものが大好きで、疲れたときなどにあんこ類が無性に欲しくなります。

 

喫茶店を経営しながら、併設の菓子店ではケーキも作るので、味見の機会も多くありました。焼き肉や餃子など、脂っこい食事も好きなので、こうした食生活が肝機能悪化の原因だったのかもしれません。

 

医師に「薬を出してください」とお願いしても、薬を出してはくれません。「食事量を腹八分目にして、運動をしてください」といわれるだけでした。

喫茶店は年中無休なので、ジムなどに通う時問はありませんが、仕事で体は動かしていましたし、青汁で食物繊維を摂取したり、脂っこい食べ物を控えたりするようにもしました。

 

さらに、ウコンのサプリメントの摂取も始めたのです。ウコンを飲み始めたら、確かにGOTやGPTが下がりました。それぞれ37と63だった数値が、33と43になったのです。しかし、それ以降、数値は変わりません。長年の悩みに追い打ちをかけるように、CT検査では、「脂肪肝」と診断されました。それでも、医師は薬をしてくれませんでした。

 

そんなときに、新聞の広告で目にしたのが「シジミ」でした。シジミが肝臓にいいのは古くらから言われていることなので、すぐに試してみることにしたのです。

 

すると、飲み始めて約3ヶ月後の検査で、GOT、GPTの数値が21と26と基準値になっていました。

13年近くもの間、半ばあきらめていた検査値が改善し、とてもうれしく、ほんとうに助かったと思いました。以来、シジミの飲用は続けています。外出の際も必ず持ち歩き、欠かすことはありません。昨年の3月のCT検査では、脂肪肝に関して、医師からは何もいわれませんでした。おそらく合格圏内だったから、何も指摘されなかったのでしょう。健康維持のために、シジミを飲み続け、元気な日々を送りたいです。

 

シジミの効能はこちら。

GOTもGPTも基準値まで下がった!

私は、15年ほど前、肝機能数値のGOTが51、GPTが88となって以来、基準値をずっとオーバーし続けてきました。酒もタバコもやりませんが、甘いものが大好きで、疲れたときなどにあんこ類が無性に欲しくなります。

 

喫茶店を経営しながら、併設の菓子店ではケーキも作るので、味見の機会も多くありました。焼き肉や餃子など、脂っこい食事も好きなので、こうした食生活が肝機能悪化の原因だったのかもしれません。

 

医師に「薬を出してください」とお願いしても、薬を出してはくれません。「食事量を腹八分目にして、運動をしてください」といわれるだけでした。

喫茶店は年中無休なので、ジムなどに通う時問はありませんが、仕事で体は動かしていましたし、青汁で食物繊維を摂取したり、脂っこい食べ物を控えたりするようにもしました。

 

さらに、ウコンのサプリメントの摂取も始めたのです。ウコンを飲み始めたら、確かにGOTやGPTが下がりました。それぞれ37と63だった数値が、33と43になったのです。しかし、それ以降、数値は変わりません。長年の悩みに追い打ちをかけるように、CT検査では、「脂肪肝」と診断されました。それでも、医師は薬をしてくれませんでした。

 

そんなときに、新聞の広告で目にしたのが「シジミ」でした。シジミが肝臓にいいのは古くらから言われていることなので、すぐに試してみることにしたのです。

 

すると、飲み始めて約3ヶ月後の検査で、GOT、GPTの数値が21と26と基準値になっていました。

13年近くもの間、半ばあきらめていた検査値が改善し、とてもうれしく、ほんとうに助かったと思いました。以来、シジミの飲用は続けています。外出の際も必ず持ち歩き、欠かすことはありません。昨年の3月のCT検査では、脂肪肝に関して、医師からは何もいわれませんでした。おそらく合格圏内だったから、何も指摘されなかったのでしょう。健康維持のために、シジミを飲み続け、元気な日々を送りたいです。

 

シジミの効能はこちら。

酒と食事を楽しみながら検査値だけが改善できた

私は、ここ何20年は、1日も晩酌を欠かしたことがないという、大の愛酒家です。飲む量もも半端ではなく、500ccの缶ビールを4本空けるのが日課でした。

 

それだけ飲んでも、悪酔いをしたり、二日酔いをしたりするようなことは一切ありませんでした。だから、自分の肝臓は人一倍強いのだと思い込んでいたのです。

 

ところが、予想もしなかった事態に陥りました。昨年、6月に受けた健康診断で、肝機能数値のガンマGTPが168ままで上昇していることがわかりました。

さらには、尿酸が9.3mg/dl、総コレステロールが233mg/dl、中性脂肪が173mg/dlといずれも基準値を大きく超えていたのです。

 

医師からは「とりあえずお酒はやめましょう。メタポリックシンドローム(内臓脂肪症候群)も気になるので、少しやせる努力をしてください」と厳しいアドバイスを受けてしまいました。

 

とはいっても、大好きなお酒をやめるのは容易ではありません。アルコールが悪いとわかっていても、家に帰れば、ついつい冷たいピールに手が伸びてしまい、飲んだ後に肝臓のことが心配になるという日の繰り返しでした。

 

そんなときに会社の上司に「シジミのみそ汁を毎日飲め!」と言われました。私は、独身なので朝は、ぎりぎりまで寝ていますし、どうしようか?と考えたときにシジミのサプリを試してみることにしました。

 

すぐに取り寄せて、飲み始めました。その効果は、予想をはるかに超えていました。飲み始めてから1ヶ月後に病院で検査を受けると、なんとγ−GT Pが72まで下がっていたのです。さらには、尿酸が6.8mg/dl、総コレステロールが206mg/dl、中性脂肪が118 mg/dlまで下がっており、すべての検査値が基準値内に収まっていました。

 

以前は、100mmHGに近かった最小血圧も、80mmHG台で安定するようになりました。

 

お酒を飲み続けていたうえ、食事内容も変えていなかったのに、すべての検査値が改善したのは、やはり、シジミを飲んでいたからでしょう。今後もこれを頼りに、大好きなお酒や食事を楽しみたいと思います。

 

数値がみるみる改善し肝硬変の不安も消えた

私は10年くらい前に、体がものすごくだるくなりました。内科で血液検査を受けると、肝機能が悪くなっているいることがわかりました。

 

正確な数値は覚えていませんが、GOT 、GPTともに300を超えていたと思います。医師によれば、そのときに飲んでいた薬が強すぎたせいではないかとのことでした。いわれてみれば、その数ヶ月前に、私は整形外科で腰とひざの手術を受け、そこで処方された薬を飲むようになってから、体がだるくなったのです。

 

以来、私は2ヶ月に1度、内科で血液検査を受けるようになりました。しかし、どんな薬を試しても、数値は改善せず、体のだるさもなくならなかったのです。

 

最大の悩みは、体がだるいと、思うように畑仕事ができないことでした。私は、3町歩(約9000坪)に及ぶ、広大なリンゴ園を経営しています。そのすべてを管理するには、相当な体力が必要です。肝臓が悪いからといって、リンゴ園の仕事を休むわけにはいきません。

 

体に鞭打って畑仕事を続けるしかありませんでした。仕事から家に帰ると、いつこんばいも疲労困憊でへたり込むような状態だったのです。そんなときに、農協の知人から「シジミ」のことを教えてもらいました。シジミは、私の住む津軽地方の名産品です。そこで、私は、自分も試してみようと思いました。シジミを、毎日欠かさず飲んでいると、驚くほどの効果が現れてきました。あれほど高かった肝機能数値が、2ヶ月で100くらいまで改善したのです。

 

その後も、検査のたびに肝機能数値が改善し、1年後にはなんと基準値まで下がりました。エコー画像検査でも、異常のない、きれいな肝臓であることがわかり、ホッとひと安心しました。当然ながら、体のだるさがなくなったことも実感できました。肝硬変に陥る危機から救ってくれたシジミには、感謝をしてもしきれません。これからも、シジミを飲んで、元気においしいリンゴを育てていきたいと思います。

肝臓が強化され、蕁麻疹もキレイになった

私は居酒屋を経営しているた眺め、お客さんにお酒を勧められて飲んだり、閉店後に店の従業員たちと遅くまで飲んだりするのが、日常茶飯事でした。そのうえ、もともと、酒好きなので、休日には朝お酒を飲むこともたくさんありました。

 

こんな生活が長く続くわけもなく、5年前の血液検査ではγ-GTPが235になってしまいました。(準値は55単位以下です)数値にはびつくりしましたが、私はその後も、酒三昧の生活を改めようとしませんでした。

 

すると、今度は全身にじんましんが出てきてしまったのです。あわてて医師の診察を受けると、γ-GTPが300超えており、「今すぐお酒をやめないと、大変なことになるよ」と厳しい警告を受けてしまいました。

 

このときは、さすがの私も目の前が真っ暗になりました。

 

私は、お酒をやめずに肝機能数値を改善する方法はないかと思案していました。そんなときに出会ったのが、「シジミ」だったのです。

 

シジミを摂るようになって半年後、次の健康診断の日がやってきました。実をいうと、その検査前日も、私は不謹慎なことに、しこたまお酒を飲んでいたのです。ところが、検査結果は、なんとγ-GTPは94まで下がっており、医師からは「お酒をやめてよかったですね」とほめられたのです。検査前日にお酒を飲んでいたなんてとても言えませんでした。

 

全身に出ていたじんましんも、いつの問にか消えました。これも、シジミのおかげで肝臓が強化されたからでしょう。お酒を楽しめる人生を取り戻させてくれたシジミに感謝です。