RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
楽天トラベル
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

review (実際に使った使用感〜効果まで)

効果のあったこと、なかったことなどをブログにまとめる体験談。
<< 強力な毒出しパワー!「あずきスープ」は肝臓と腎臓を強化しだるさや疲れも解消する | main | 絶品のあずきスープで5kg減量できてコレステロール値も低下 >>
あずきコンブスープなら高血圧や耳鳴り、めまい、糖尿病に有効
0

    白髪や脱毛、難聴、骨粗鬆症にもおすすめ!

    病気を予防・改善するには、人間が本来持っている自然治癒力を高めることが必要です。そのため、必要になるのは、最先端医療に加え、東洋医学の考えを取り入れた療法や、マクロビオティック(玄米菜食を中心とした食事法)をベースとした食習慣だと考えています。

     

    なかでも、よく勧める食材の1つが、あずきです。東洋医学には、「形の似た物が、その臓器を治す」という考え方があります。あずきは腎臓に形が似ているため、腎臓の働きを補うとされるのです。

     

    実際、あずきには、体内の余分な水分を排出する働きを持つカリウムが、豊富に含まれています。そのため、古来、むくみ取りの妙薬として利用されてきました。水分の代謝がよくなると、血圧が安定し、血液循環も改善します。

     

    高血圧の薬として、代表的な物に、利尿剤があります。血液中の余分な水分を尿として排出することで、血液の全体量を減らし、血管への圧力(血圧)を下げるのです。

     

    余計な圧力がかからなくなると、血液がスムーズに流れます。つまりあずきは、「天然の利尿剤」「自然界の降圧剤」といえるでしょう。

     

    さらに、東洋医学の陰陽五行説によると、頭髪、耳、骨は、五臓のうち「腎」のグループに属します。東洋医学の腎は、腎臓だけでなく、生殖や老化にかかわる働き全般を指します。

    ですから、あずきは、むくみや高血圧だけでなく、白髪や脱毛といった髪の悩み、めまい、難聴、耳鳴りなどの耳の病気、骨粗鬆症や歯の問題に悩むかたにも、お勧めです。

     

    さらに、あずきに含まれるサポニンという成分は、血管をキレイにする作用があります。「サポニン」は、泡を意味する「シャボン」と語源が同じで、水と油を混ぜる界面活性作用があります。そのため、血管の内壁にこびりついた余分な脂を、溶かしてくれるのです。

     

    動脈硬化を防止するとともに、血液の流れがよくなるので、血圧も下がります。また、糖尿病の改善も期待できます。糖尿病も血管の病気です。糖尿病が悪化すると、血管が密集した腎臓がダメージを受けます。悪化すると、人工透析になることもあります。あずきをとって腎臓の働きを改善したり、血管をキレイにしたりすることは、糖尿病の改善や合併症予防につながります。

     

    カリウムもサポニンも水溶性の成分なので、あずきは煮汁ごととることが重要です。さらに、あずきは食物繊維が豊富なので、便秘の解消にも役立ちます。抗酸化作用のあるポリフェノールも多く、老化予防効果も期待できます。

    血糖値を急上昇させずに満足感が得られる

    あずきを使った治療食のなから、今回お勧めするのは「あずきコンプ」です。あずきだけを煮てもいいのですが、ミネラル豊富なコンプを加えることで、あずきの効果がより高まると考えられます。あずきスープはこちらです(コンブは入っていません)

     

    コンプからだしが出るので、煮汁までおいしくいただけます。まさに「あずきコンプスープ」といった感じでしょうか。作り方は、次のとおりです。

     

    まず、あずき1カップと水3カップを鍋に入れ、5cmX20cmのコンプを小さく切って加えます。次に 強火にかけ、沸騰したら弱火にします。水1カップを3〜4回に分けて足しながら、あずきがやわらかくなるまで煮ます。仕上げに塩小さじ1杯を加えて味を調えたら、完成です。マクロビオテックの調理法では「ゆでこぼし」をせず、煮汁ごと食べるので、あずきの薬効を丸ごと摂取できます。1日に食べる量は、茶碗半分くらい。

     

    残ったあずきコンプスープは、冷蔵庫で保存してください。おかずの1品にしてもいいですし、間食として何回かに分けて食べてもかまいません。甘い物が欲しいときに、あずきコンプスープを食べると、満足感が得られます。

     

    自然の甘みは血糖値を急上昇させないので、糖尿病の人にも安心です。病気の改善が目的なら毎日、健康維持が目的なら週に1〜2回食べるといいでしょう。腎臓病でカリウムの摂取を制限している人、甲状腺の病気がある人は、あずきコンプスープを食べる前に、医師に相談してください。腎機能が低下(クレアチニンが上昇している)しているときは危険なこともあります。

     

    これまで多くの方に、あずきコンプスープを勧めてきましたが、むくみに対する効果は絶大です。ガンの手術後のむくみが改善されたかたも、多数おられます。腎臓は冷えに弱い臓器なので、あずきコンプスープを食べるとともに、腹巻きやカイロなどで体の外から腎臓を温めると、効果がいっそう高まります。昔の人は健康のために、毎月1日と15日に、赤飯を食べる習慣があったそうです。先人の知恵にならって、健康に役立てるといいでしょう。

    | 肥満解消 | 16:58 | comments(0) | - | - |