突発性難聴の耳鳴りやメニエール病のめまいなどは、症状があらわれて病院を受診して薬をもらっても症状が改善されにくく、不安が募ることが多い病気です。こういっった症状が続くとやがて自律神経が不安定になり、治りにくくなってしまいます。

ニチニチ草は脳の血流を改善する効果が高く ヨーロッパでは、認知症薬として認められるほど脳の血流を高めて記憶力も向上する働きがあります。

ニチニチ草の有効成分は「ビンカミン」といい、脳の血流を改善することが50年以上前に確認され、1959年にヨーロッパで脳血管障害の治療薬として発売されました。

マンボウの肝油

コメント
コメントする